2017年12月10日日曜日

サイクルエンデューロin播磨中央公園

●種目
サイクルエンデューロin播磨中央公園
90分ED
時計回り&反時計回り

●天気
曇り後晴れ

●コース
はりちゅう自然散策コース3km

●機材
GIANT
前LWC+grandprix4000s 6.5
後ses3.4 + grandprix4000s 6.8

●レース戦略
楽しい走りをする

●補給
レース前:ガッツギア
時計回り:CCDドリンク
反時計回り:CCDドリンク、ワンセコンド(現地確保)

●ウォーミングアップ
コース2周

●スタート時の覚醒基準
ふつう

●レース目標
逃げ切り入賞
スプリントしない

●リザルト
時計回り3位
反時計回り10位

●副賞
3位ワンセコンド1ケース

●展開

時計回り
2周目からITKW君とかオープンのMGEさんがペースアップを図るので、僕も合わせてペースが緩んだタイミングでアゲていった。路面はウェットだったけどはりちゅう下りS字コーナーは慣れもあって他者よりもアドバンテージを感じたため、積極的に先頭で入ることにした。スプリントはしたくないので逃げ切りを狙い、何度か逃げ集団を作ってみたけど結局吸収されたので、逆に逃げを泳がせたり正攻法として登りのペースアップで脚を削ってもらったりしてじわじわとダメージを受けてもらった。1時間ぐらい経ったところで5名まで先頭を減らすことができたけど、これ以上は難しそうだったので最終周に備えて脚を温存することにした。最終周序盤の登りでかなり上げてみたら3名抜け出せたのでそのまま逃げ切りたかったけどうまくローテできず、また5名の集団になった。もう気持ちが切れていたんだけど、2回めの登りではITKW君が野獣の咆哮(怖い)の後にペースアップをしたのでなんとか喰らいついていった。そこでも3名抜け出しという形になったので、もう表彰台狙いでいいなと思い下りを全力で踏み抜いた。スプリントは見送って流そうかと思ったけど、ふと後ろを見たらソレイユKBYSさんが猛追しているのが見えたので、慌てて踏み直した。右ハムを痙った。なんとか3位でゴール

反時計回り
終盤の下りを集団後ろで入るとやばい。インターバルがかかり、高速のまま序盤コーナー(ウェット+車留めポール+グレーチング)に入り、また強烈なインターバルに耐えないといけない。登りで多少無理してでも前方で展開しておきたいけど、すでに脚はいっぱいいっぱいだったので非常にタフなレースになった。30分経過ぐらい、序盤コーナーで落車が発生した。確か「スピード速すぎじゃね?」と思った矢先のことだった。動画を見返すと前輪から滑っているようだった。番手にいた僕もブレーキをかけてしまい前輪が滑りまくったけど、コースアウトするだけでなんとか落車は免れた。ここで腹筋を痙ってしまい、先頭集団から離れてしまった。ゆるい登りで頑張ったけど追いつくまでにはいかず、もうお終いかと思ったらたまたまソレイユNKMRさんがいたのでガンガン牽いてもらい(本人に牽いている自覚はなかったらしい)、終盤の登りでなんとか合流することができた。その後は積極的にアタックする方が少なく、脚が終わっている僕でもなんとかついていけるペースで展開した。アタックっていうか、集団が見送ったのに勝手にタレてくる人が多かった気がする。ラスト1周目前で目が霞んできて、多分ハンガーノックにより失速した。フルラップの方の中では最下位でゴール。今度会ったときに会長に言おうかと思うんだけど、反時計回りは下りスプリント、もしくは車止めポールのカーブの後にゴールを設けるしかなく、かなり危ないので止めた方がいいと思う。


●改善が必要な点
モアパワー

●レース後の痛み、違和感、不具合
腹筋、大腿四頭筋の筋肉痛

はりちゅうへ向けて



月曜
TSS118
WBR Flat race、つなぎでEVR race A、千切れるまでWBR Flat raceに参加した。

火曜
TSS150
夜練友の会広峰
7名ぐらい参加
広峰は後半にきつくなるイメージで、やっていく気持ちもしくはペース配分を求められるいいコースだと思う
帰りは川沿いに北上したところ大変寒く、耳がもげそうになった。

水曜
TSS88
今週は平日のTSS上限を決めていたので、ここで調整をいれた。
zwift WBR hilly race、EVR race Aに参加した。
遺跡コース前の少し長めの山道でセレクションがかかる。僕は第2集団あたりに合流して固まってから追走。遺跡コースいいね。緩やかなアップダウンがありみんなの出力は自然と上がるんだけど、平坦コースみたいにきれいなトレインが組めないので上手く追走できない。全員意思統一して一定出力にすれば自然とローテできるんだけど、当然みんなしんどいので前に出たらペースダウンするんだよな
しょうがないので僕の一本引きでガンガン詰めていっていたんだけど、目標TSSを達成していたのでいい感じのところで離脱した。ごめん。


木曜
TSS150
夜練友の会増位山
4名参加
NKNさんがショーワグローブのえらいさんと知り合いらしいので、防寒テムレスの黒い版を出してくれ!とプッシュしておいた
カラバリぐらい簡単だろ、と思ったんだけど大きなところだと小回りが難しいんだろうか。

水曜日、調子がかなりいいときにTSSを見て練習をあえて止めた。こんなことしたの今までで初かも。結果、翌日もガンガン動くことができ、帰り道の平坦路で高速巡航の感覚を思い出すことができた。なんというかハムストリングがゴムのようになり、そのしなりによりペダルへじわっと入力できるイメージ。どこまでもガンガン進んでいける感覚になる。夏場L3強度で乗り込んでいたときにこういう感じになったな。これが仕上がるってことなんだろうか


金曜
レスト

土曜
サイクルエンデューロin播磨中央公園
TSS27。3時間でこれかあ。


2017年12月6日水曜日

関西クロス美山

●種目
関西クロス美山向山地区

●天気
晴れ

●コース
根っこコーナー→根っこ登り→ちょっと下り→急坂→急坂→タイトなS字→激下り→ピット→芝→シケイン→コーナー出口にいやらしい砂利→ヌルヌルキャンバー→舗装路→周回起点

●機材
BH+カーボンTU
前1.8 後1.9

●レース戦略
最初は無理して抜かそうとしない、流れに乗る
下りは覚悟

●補給
向山焼、ゆずカレー、大判焼き

●ウォーミングアップ
舗装路を流しただけ
アップできる箇所が限られていた。固定ローラーを持ってくるべきであった。

●スタート時の覚醒基準
悪い。
先週から急に練習量を増やしたせいか回復が追いついていなかった

●レース目標
66%以下

●リザルト
-1Lap, 97%
圧倒的最下位

●副賞

●展開
スタートしてから数百メートルで森林コースに突入し、当然のように混雑が起きた。ポジションキープしようにも後ろからガンガンぶつかってくる。なぜ…。担いでいるバイクにすごい衝撃がきて、後ろから「ハンドル曲がった!」って聞こえてきたのにはさすがに萎えた。

このときの防衛戦でディレイラーハンガーが曲がっていたようで、ロー側へ変速するとスポークとの接触音が鳴り出した。僕はこれをスポーク折れと勘違いし、それでも走行可能だったのでもう気持ちを切り替えてやっていこう!と気合を入れ直した。入れ直してしまった。3周目ぐらいでダウンシフトしたときに後輪にディレイラーを巻き込み、完全に走行不能になってしまった。そこから半周担ぎランをしてピットインするも、その時点でかなりの方にラップされていたので気持ちはもう終わっていた。

そこからはほどほどのペースで走った。思っていたほどC1の周りとくらべて下手でもないなってことを認識できてよかった。あと、レース心拍じゃなかったらあのコースすごく楽しかった。

美山は3年前のロードレースで肩鎖関節脱臼し、2年前のクロスで泥づまりが起きC2最下位になり、今年はC1でメカトラにより最下位になった。いいイメージがないなあ。

●改善が必要な点
DNFする勇気を持つ

●レース後の痛み、違和感、不具合
半周の担ぎランのダメージを2,3日は引きずった。いい練習になりました。

2017年12月1日金曜日

ロンドン

日曜
菖蒲谷へ行って延々5時間ほど走った。外周コース4回行ったし、ほぼ全コースを堪能した。ホイールをクロスマックスに変えたところで下りのテクは伸びないと思うんだけど、妙な自信がついたせいか今までいけなかったところも乗車でクリアできるようになった。非常に楽しい。

月曜
前日調子に乗りすぎたので疲労困憊
完全休養

火曜
TSS170
夜練友の会広峰
参加者何名だったっけ。7~8名
夜景を見に来たカップルがこちらばかり見ていた

水曜
zwift TSS140ぐらい
4 lap flat raceとEVR raceと3 lap hilly raceに参加。後半はもう集団についていくのが精一杯だったんだけど、せめて綺麗なフォームで回そうと意識して頑張った。

木曜
定時過ぎてからまさかの会議で夜練に間に合わなくなり、zwiftをした
主催者がドタキャンして、なおかつ当人はzwiftやっているとかやばいな
ごめんなさい
volcano flat raceで逃げ切り勝利目前だったけど次のWBR flat raceの時間になり強制ワープされた。

金曜
TSS89
EVR race Aで時間を潰して、WBR flat raceに参加した。ゴールスプリントではドベだっった。その後間もなく始まったWBR flat raceはもう脚が残っておらずDNF
今週平日で531TSS稼げた。目標の600には届かなかったけど、まあまあよし。

2017年11月23日木曜日

クロスマックス



月曜
zwift MET-5 race
50分306W
シリーズ戦なのかな。レース説明見てもよく分からなかったしリザルト画面がめちゃくちゃだった。1周目の坂で「グルペットみたいで退屈だ」というコメントが出たので、アタックしてみたら抜け出せた。そのまま逃げ切ってゴール。

続いて EVR race
55分293W
スタートからすでに足が重かったけど、淡々と回してたら段々と楽になってきてテンションも上がっていった。
同じように足が重い日でも、ずっとダメダメなときもあるし、違いはどこにあるんだろうか。やっぱやっていく気持ちなんだろうか。

火曜
夜練友の会増位山
6名参加
NKNさんがニューバイクだった。ニューじゃないけど、それはまあ。
帰路は川沿いに北上したけど、北風が辛かった。最後の峠でマイナス1℃だったし、今年の冬はやばいね

水曜
レスト

木曜
ちょっと仕事してから菖蒲谷へ行った。借りたクロスマックスの慣らし運転だ。ずっと使ってたホイールセットが完成車についていたもので、一気に500g以上軽くなったおかげか体感できるレベルで登りが軽い。ホームコースだからなおさら分かる。これはすごい。でも下りは特に速くならない。ブレーキかけすぎってのは分かってるんだけど、怖いやん。ブレーキいっぱい握りしめて、ゆっくり、ゆっくり、下っていきたいやん。

展望台DHコースへのアプローチを初めて全乗りできたので、大きな自信になった。あれいけたら大抵の坂は登れるやろ。まあ押したほうが楽な気がするけど…。

でそのDHコースの下りでライン外して谷へ落ちた。うまく転がるように着地(?)できたのでダメージが少なくて済んだ。左膝が少し痛むくらいかな

夜にzwiftして、31分311W、53分283W

明日仕事やし飲み会だ