2017年5月26日金曜日

仮想現実




水曜
TSS142
zwift evr raceに参加
序盤の峠で抜け出した日本人とローテして逃げ切り(スプリントは負けた)

続いてflat lap raceに参加した
序盤からハイペースで、僕がゆさぶるまでもなく集団は崩壊
なおもペースは緩まず、ワクワクしてきたところで僕以外全員zPowerなことに気がついた
このままついていってもつまらない展開になるので、単独走に切り替えて後続からの逃げ切りを目指した
メイン集団とのタイム差を30秒から1分まで広げてキープ
最後は猛追されたけど逃げ切りで3位

木曜
TSS68
zwift kiss raceに参加
何度か緩い峠で逃げようとしたんだけどみんな強いしすぐに吸収された
みんな強すぎて直角カーブを68km/hでクリアしたりとめちゃくちゃだった。
最後の勝負どころの登りを先頭パックでクリアしたんだけど、
直後に体が傾きリアが脱輪したのでレースどころではなくなった
gtローラーで落車とか意味分かんねぇと思いつつ確認してみたら、
ローラー台座にしていたコンクリートブロックからユニットがずれ落ちていた
前のめりになって踏みすぎたな

金曜
TSS31
やる気が出なかったので負荷をかけるのはあきらめて、レース機材の慣らしをした
一応日曜の若杉ヒルクライムはカーボンTUで臨もうと思っているんだけど、
未だにレースのたびにどのホイールで走るか悩む
TUが一番速く走れるのはわかってるんだけど、corsa speedの耐パンク性能を信用していない
最近導入したTL+pro oneの組み合わせが全面的に隙がなく好印象なんだけど
今まで乗り込んできたCLが一番落ち着く感じはある

先月、近くの峠を同じパワー登ったときのタイムを速い順に並べると
①TU+corsa speed 8bar
②TU+corsa speed 10bar
~壁~
③TL+pro one 7.5bar, CL+grand prixTT(後輪のみlatex) 7.0bar
④CL+grand prixTT 7bar
⑤CL+grand prix4000s 7bar, TU+competition 9bar

といった結果になりました。

リム高もリム重量も違うし、参考程度にしかなりませんが、
・corsa speedはヤバい
・corsa speedは10barでも乗り心地がいいと感じるけど、実際は綺麗な路面でさえヒステリシスロスの影響が出ているのかもしれない
・competitonは地面にしっかり食いつく安定感があるんだけど転がり抵抗の大きさが響いている
・grand prixTTがCLタイヤの中では最強クラスなんだけど、後輪ロック1回でエグれる

なぜホビレーサーのトップがみんなクリンチャーを使い始めたんだろう
なぜプロはクリンチャーを使わないんだろう
僕はどうしたらいいんだろう

2017年5月22日月曜日

下りがめんどい



TSS139
夜練友の会暮坂
疲労が溜まっているのでガンガン追い込むのは避けて、
いかに楽に速く登るか、上半身との連動を意識した
まあ特に何もつかめませんでした


TSS78
zwift raceに参加
アタック2回めで3人飛び出したのでしばらくガンガン牽いて逃げを決定的にさせた
自分で展開をコントロールできるようになると超おもしろい。
そしてスプリントで競り負けて3位


TSS237
次週ヒルクライム大会があるので、試走に行った
ちくさ高原→若杉渓谷→ダルガ峰
ダルガ峰長すぎて脱水した
ところどころ下りあったんだけどまさかレースでもあそこ使うんかな


TSS75
早朝に菖蒲谷行こうとしたんだけどやる気がでず二度寝した
用事があったんだけどドタキャンになって昼から呆然としてた

zwift evr raceに参加
途中で力尽きてDNF


TSS148
zwift kiss raceに参加
峠でアタック繰り返して人数を減らしていき、中盤から4名で展開
スプリントで総合2位
CP35あたりの微妙なところを更新できた

続いてflat lap raceに参加
アタックするまでもなくなぜか人数が減っていき、4名で展開
ツキイチの方がいたので登りで飛び出したところを泳がせた
10秒差ぐらいで展開してたかと思ったらいつのまにかじわじわ差を広げられて逃げ切られた
スプリントで競り負けて総合3位

低反発マットを買ったんだけど思ったのと違った
猛反発やん。。。

2017年5月17日水曜日

すごいぞパワーキャル


火曜
TSS191
夜練友の会夢前二段坂
8名参加。
一本目からピークパワーを更新したけど、KOMには遠く及ばす
そもそも、その時一緒に走ってたNさんにも負けてるし
体重。。。

競い合う相手が多く、かなり限界まで追い込めた
そんでヒルリピートなので、1時間平均200W・NP320Wとかいう異様な数値を叩き出した
ありがとうございました。


水曜
TSS187
zwift evr raceに参加した
最初の峠でzPowerおじさんが飛び出したので便乗したら、
そこから彼の男気あふれる一本引き
めっちゃ楽やんラッキーとジロのほうを見ていたので、
zpowerおじさんだと気づくのにだいぶかかった
千切れて後続と合流
その集団のままスプリントに入り、総合2位

次にflat lap raceに参加した
峠のたびにペースアップして集団をふるいにかけた
途中から協調してくれる人が増え、ゴールスプリントまでにツキイチの方は一掃できた
スプリントで3位

ここ最近パワータップとパワーキャルを同時につけて測定しているけど
NPの誤差が1~2%で収まっているので、ある程度信頼していいんじゃないかと思う
30秒平均とかはブレが大きすぎるので完全にログ取り用だと割り切れば…。
とにかく、これで梅雨の時期も気にせずMTBで夜練できるようになった

DAZNはとにかくフリーズが多すぎて萎える。
zwift中に使うのはやめておくか

2017年5月15日月曜日

チャレンジカップin山の里


金曜
TSS68
zwift flat lap raceに参加
グラベル地点で先頭集団から千切れて気持ち的に終了した
あそこで千切れることが多い気がするんだけど
砂埃で見えにくい混乱に乗じてみんなペースアップしているのか
それともドラフティングに何か補正がかかっているのか

土曜
TSS310
チャレンジカップin山の里に参加した
僕はピュアじゃなかったのでピュアランド山の里の入り口を見逃してスルーしてしまった
夜はボナペティTさんと広峰5本登った

日曜
TSS203
sonic racing MTBオンロード練に参加した
競い合う楽しさってこういうのだよなあって再認識した

月曜
TSS40
TOMATOへ行ってMTBのメンテナンス
ブレーキのフィーリングが劇的によくなった。
ありがとうございます

===

●種目
チャレンジカップin山の里
エイジクラス

●天気
曇り

●コース
朝からの雨でドロドロ
登りも下りもキツい
要所要所に木の根があり、まともに下れるラインの見極めが大切
どうせクリアできないから早めに諦めて降りたほうがいいとこもある

●機材
trek superfly
bontrager xr2 前後1.6気圧


●レース戦略
序盤の平坦路はスリップに入って楽をする
中盤から頑張る


●補給
レース前カフェイン200mgチロシン1000gワンセコンド

●ウォーミングアップ
時間いっぱいまで試走
最初からガツンと上げられた。
vo2maxあたりのインターバル入れるのもいいけど、じっくり低強度で体を温めるのも必要かも

●スタート時の覚醒基準
良い

●レース目標
最後まで集中する

概ねOKだけど、ソニックOさんにラップされたとこから少しタレてしまった。

●リザルト
総合5位
一応エイジ1位だから次からエリートでエントリーしよ…

●展開
それなりにスタートダッシュを頑張って4位でトレイルへ進入
心拍が上がりきって下りでしょうもないミスを頻発した
コース後半の平坦木の根っこゾーンで軽くコケたかと思ったらハンドル曲がったので、受付で工具借りて修正
ついでに冷静になって、登りでガンバリ過ぎないように意識して抑えた
最終回は難しいところ全て諦めてランに切り替えたらそれなりにロスを抑えられた


●改善が必要な点
度胸。
岩ドロップは最後まで恐怖心が拭えなかった

●レース後の痛み、違和感、不具合
背側の筋肉全般の疲労
広背筋と大胸筋のひどい筋肉痛(2日引きづった)



2017年5月11日木曜日

パワーキャルキャル


火曜
TSS97
zwift evr raceに参加
日本人5人のトレインができて盛り上がったんだけど、ダルくて足が重かったので途中離脱した

水曜
TSS183
夜練友の会増位山
4名参加

パワーキャルを借りた
パワーキャルは心拍からパワーを推定している。
cycleopsが「ノウハウあるから校正はいらないよ」と言っても、
実際心拍に対するパワーは個人差があるのは当たり前なので、校正は必須である
僕の150bpmとフルームの150bpmが同じなわけないだろう


パワーキャルはABCの3つのパラメーターを変更できる
ABは心拍をx軸、パワーをy軸に取って直線で近似したときの傾きaと切片bらしい
Cは謎です



golden cheetahは勝手に近似線を作ってくれているんだけど、
xy軸が逆なので、逆関数にしてからパワーキャルの校正に使用した

一度校正してみたんだけど
今のところパワータップとパワーキャルのNPの違いは3%程度なので
TSSを測定する目的だったらそれなりに信用できそう


木曜
TSS150
夜練友の会清水峠
ほんと恣意的な何かを感じるピンポイントゲリラ豪雨に遭ったけど、すぐに止んだ
4000sII+ミシュランラテックスより、pro one TLのほうが乗り心地が良い
清水峠後半のぽこぽこ道でのショックが明らかに低減されている
転がり抵抗は理論上どっこいだし、耐パンク性はpro oneのほうが上(らしい)
シュワルベが非常にいいTLRタイヤを出してくれたので、各社追随して頑張ってほしい
特にcorsa speedには期待しているんだけど、現行のは(そもそもTLR化の時点から)超ハイリスクなので今後に期待している